地域材の活用をご検討の方へ

木材の利用は、地球温暖化防止、地域経済の活性化にも貢献します。

案件において地域材を使いたい場合、ATAでは構造設計を行う際に、地域材の適材適所配置をアドバイスさせて頂きます。それにより躯体コストを抑え、地域における建築物の存在意義や付加価値が高まると考えています。

公共建築物等の非住宅分野における木質化の推進が求められています。
ATAでは、構造の観点から適材適所に地域材を活用することを考慮し、お客様へご提案させていただきます。

地域材活用ご検討中の旨をご記入の上、下記からお問い合わせくださいませ。

※地域材を活用した実績が多数ございます。ご検討の方はお気軽にご相談ください。